♪BGM OFF

■今回はご存知、ビリトルズ得意のハードディズナイト全曲演奏セット。。。ですが

 いつもとチョト違うのは、UK公式盤ではなく、米国ユナイテッドアーティスト盤の

 サウンドトラックアルバム全曲演奏セットにしてみました。

 

 ご存知の通りこのUSA盤、イギリス盤とは選曲も曲数も、各楽曲のトラックバージョンも

 違います。例えば曲によっては、リフレインの歌詞回数が1回多かったり、封切公開

 当時映画で使われていなかった曲がなぜこのサウンドトラックには入っているのか

 その謎が20年も経った再公開時に明らかとなったり、またUK盤ではヴォーカルが

 ダブルトラック収録されている曲が、このUS盤ではほとんどがシングルトラックに、

 さらにステレオ、と書いてありますが曲はモノラル収録だったり、そしてさらに映画で

 演奏シーンまで撮影されている新曲があったのに、このサウンドトラックには入って

 おらず、その理由は??などなど、内容を知れば知るほど面白いアルバムとなってます。

 

 それにしても、当時のアメリカのファンは、イギリス盤よりも5曲も少ないこのアルバムを

 ずっと「ハードディズナイト公式盤」だと思って聴いていたのですから(笑)イギリス盤を

 聴いてさぞビックリしたでしょうね。“おいっ、何だか曲数がヤケに多いぞっ!どうなってんだ”

 なんて。。(^O^) さてさて、それではそんな当時のアメリカのファンの気持ちになって、

 ザ・ビリトルズのUSA盤ハードディズナイト、アルバム全曲演奏ステージをお楽しみ下さい!

 

【演奏曲目】

2007年4月1日(日) Live at “Honey Bee”

 

1st Stage

2nd Stage

★Introduction

★A Hard Day's Night (From UK Album)

Please Please Me  1.Any Time at All

★A Hard Day's Night (US Album)

2.Things We Said Today

 Side-A 

3.When I Get Home 
1.A Hard Day's Night 4.I'll Be Back
2.Tell Me Why 5.You Can't Do That
3.I'll Cry Instead

★Regular Set

4.I Should Have Known Better (*1) 6.Girl
5.I'm Happy Just To Dance With You 7.I Will
6.And I Love Her 8.Slow Down

Side-B 

9.Another Girl
7.If I Fell 10.I Feel Fine 
8.This Boy (*2) 11.I Saw Her Standing There
9.Can't Buy Me Love 12.Rock & Roll Music
10.She Loves You (*3) 13.The Night Before
   14.I Want To Hold Your Hand
(*1)実際のアルバムではこの位置にはジョージマーティン楽団のこの曲が入ってます。
  本来この曲はB面の1曲目なんですが、ビリトルズの事情によりここで演奏しました(^_^;)
(*2)実際のアルバムではこの曲はジョージマーティン楽団の演奏でしか収録されていません。
(*3)UK、USA盤共実際にはこの曲は収録されていませんが、映画の最後のシーンがこの曲なので、ビリトルズは
  いつもハードディズナイトセットをやる時、アルバムの最後の曲、としてこれを演奏します。
 

Encore

1.Don't Let Me Down
2.Act Naturally
3.Twist & Shout
4.Get Back

 

【ライヴPhoto】 

                                                                                                                                                    

いきなりちょっと珍しい角度の3ショット!

しかも全員歌ってます!

いいねぇ、今日もノリノリだ!

でもってトークは相変わらずバカばっかり

この日も冴え渡るJ-160E。。あ、腕もね^_^;

快調そのものカッシー

余裕のパフォーマンス、オーシャン

相変わらず画(え)になるモッティ。で、あれ?

ん??あ、この表情は。。。

んぎゃーっ!大ミス!ゴメンなさい!