♪BGM OFF

 

 

「ありがとう、真珠の間」

〜 ザ・ビリトルズ、再び聖地に立つ 〜

 

 

再開発により、年内に取り壊しとなるビートラーの聖地、キャピトル東急ホテル。

当然、あのビートルズが立った真珠の間のステージも、この世から消えて無くなってしまう・・・。

 

 

 

実際、ここでビートルズコピーバンドとして、アマチュアがワンマンライヴをやる事など

一般的な確率からすればほとんど有り得ない、と言っても過言ではない。

まして日本には、数多くの有名な実力派同業バンドが存在している。

にもかかわらず、ザ・ビリトルズは選ばれた。はっきり言って、奇跡としか言いようがない。

 

 

だが奇跡だろうとなんだろうと、“その時”は確実にやってきた。

ぼくらは、何かに導かれるように、この場所に還ってきた・・・

そして、これが本当に、本当に、この場所で演奏する最後の機会となるのだ。

 

 

 

 

(仮公開画像)

〜当日の舞台準備風景〜

開演約5時間前・・・とりあえずドラムを置いた、の図

 

う、うしろの壁。。。何度見ても、やっぱり同じだぁ(・o・)

・・・で、セッティングのどさくさにまぎれて、じっくり触ってみたりして(^_^;)

↓        ↓

初公開!これがあの壁の超どアップだ!材質はプラスチック様の感触・・・。

よく見るとところどころ塗装がはがれていて、補修されているのが見えて歴史を感じさせる。

 

舞台下手袖より、PA仕込み中の舞台を臨む。パーティ用の「すし」の文字がなぜか侘しい・・・

 

ドラマー目線位置より、準備中の会場を望む。7月のコンテストの時は2部屋ぶち抜きだったが、

今回は半分に仕切った本来の「白真珠の間」としての使い方。(ちなみに仕切りの向こうは紅真珠の間)

ん〜・・・やっぱりここは基本的にホテルの宴会場なんだな、、、うん(^。^)

 

ライヴ本番PHOTO、および動画は現在準備中です。公開までしばらくお待ち下さい。

         
         
         

 

 

 

 

 

《ザ・ビリトルズ in 真珠の間》 公演

2006年11月1日 午後8時開演 於:キャピトル東急ホテル“真珠の間”

 

【 演 目 】

PLEASE PLEASE ME

ALL MY LOVING

YESTERDAY

NOWHERE MAN

A HARD DAY'S NIGHT

CAN'T BUY ME LOVE

I WANT TO HOLD YOUR HAND

SHE LOVES YOU

HELP!

(全9曲)

 

 

 

詳細ライヴレポートは近日公開予定です!お楽しみに!